基底細胞がんについて

 

基底細胞の治療法

症状について

初期症状の中で特に多くなっているのが、黒色や黒褐色の少し盛り上がった感じの皮疹になります。

そしてほくろと見分けがつかない時もあります。
これは普通何年もの間に段々と大きくなり結果腫瘤になります。

またそれが進行していくとその中心部は陥没し潰瘍なっていきます。

また周辺部には黒色の堤防状をした丘疹が出きます。
この中心部の潰瘍では出血がある時もあります。
これは結節や潰瘍型と言う日本人の方に多い基底細胞がんです。

そしてその中の70%程度は、鼻や上下のまぶた、また上口唇辺りに発生しています。
また中には斑状強皮症型と言われる少し光沢があるものや、また表在型と言うその境界が明確な紅斑になっていてる状態のものもあり、それはがんとは分からない時もあります。
普通はかゆみや痛みなどはないみたいです。

再発症や生存率の状況

治療法としてその多くは外科療法になってきます。

治療の時は腫瘍の近辺0.5cm程度皮膚の切除範囲を広げて、皮下脂肪組織も適度の深さを切除していきます。

また手術の為に皮膚欠損が広がっていれば植皮術を行います。

この治療で基底細胞がんは完治します。

しかし斑状強皮症型である基底細胞がんと言うのはその腫瘍がよく分からない事もあり、見た感じよりもその周辺に拡散している事もありますので切除の広さが大きくなる事もあるみたいです。
そしてこのがんの発生個所が顔の中心部に集まりやすいので、鼻や目、また口の変形を回避する為にその手術範囲を狭めると再発率も高くなる事があります。

このがんの再々発率は50%になっています。

転移を心配する事はありませんが、顔面の中心部に再発があるとその周辺の骨や軟骨、また筋肉等の組織を破壊する事もあります。

それゆえ初回の手術が大切になってくるのです。
この基底細胞がんと言うのは比較的高齢者に多くなっているので、持病があって手術が困難な時には凍結治療や放射線療法を行う事もあるみたいです。

診断について

診断をする為にはまず局所麻酔を行って病変の箇所を切り取って顕微鏡で調査します。
その他として腫瘍の中の浸潤の移転や深さ等を調べます。

また腹の超音波検査や胸部レントゲン、そしてラジオアイソトープを使用した検査やMRIやCTと言う精密検査も行います。
この検査でだいたいの進行度も分かってきます。

そしてそれに応じた病期の治療を行っていきます。