皮膚がんについて

皮膚の名称と構造

皮膚の表面には表皮や真皮、また深部にある皮下組織の3種類に分かれます。

そしてその表皮は何層かに分類出来ます。

そしてそれを表面から角質層や顆粒層、また有棘層や基底層と言います。

表皮の最下層では真皮と接触しています。

またこの真皮は、神経や血管、また毛包や脂腺、そして汗腺や立毛筋等の組織から出来ています。

そしてこれらから構成された細胞が悪性化したものが皮膚がんになります。

皮膚がんの比率

非悪性黒色腫皮膚がんによる死亡率と言うのは、男性の方は60歳代、また女性の方は70歳代以降に多くなっています。

また男女で死亡率に差はありません。

この非悪性黒色腫皮膚がんと言うのは欧米の方に多くなっています。

発症などの注意点

例えば皮膚に起こる異常は見て分かる事もあります。

それゆえ皮膚がんはと言うのは早期発見も可能性になってきます。

また強い紫外線を浴びる事によって皮膚がんが発生する事もあります。

また昔の火傷跡や外傷瘢痕などは長期間の間に皮膚がんになる事もあります。

また自分で湿疹やほくろと思っていたのが実際はがんと言う事もあります。

それゆえ最近皮膚に何か出来た時、また急に変化した時はいろいろと刺激を加えるのではなく早急に皮膚科で診察して貰って下さい。

自分流は行けません。